2013年5月31日金曜日

1日教室で仏花作りをしました。~フロント体験談 (^^)

5月16日(金)に春のチラシに載っていました、仏花作りにフロントTが参加しました。
(参加者はフロントTも含めて7名でした)
昨年末より、家の仏壇をみる事になり、いざ始まると、生花を絶やさず生けておくのは、
思ったより大変で、あっと気が付くと花が元気がなくなっていたりして、仏様に申し訳ないな~と
感じておりました。そこで、プリザーブドの仏花だと、生花を加工してあるものなのでいいのでは?と参加させていただくことにしました。

お花は、カラー、カトレア、ガーベラ、カーネーションがプリザーブドフラワーです。
先ず最初に、それぞれのお花に細い針金を刺して、茎の部分に緑色のテープを巻くのですが、
針金の刺し方も花の種類に応じて色々な方法がありました。

お花を崩しては大変と参加者のみなさんは慎重に作業していたのですが、慣れてくると、
思い切って針金を付ける事ができました。
テープも何本が巻いていくうちにどうにか、均等な太さに巻けるようになりました。

全部のお花にテープを巻き終わって、最後は花瓶に入っているオアシスにお花を配置していくわけですが・・私の作品は、なんとなくスカスカしていて、格好がつかない・・こまったぞ~と思っていたのですが、先生が最後に一人ひとりの作品に手直しをしてくださって、出来上がったのが下の作品です。
本当は全員の作品の写真を取りたかったのですが、フロントTは、自分の作品作りに必死で、とりあえず・・・自分の作品とお1人分の紹介になってしましました。

プリザーブドなの、オアシスに刺し直す事も可能ですので、違う雰囲気に作り直しもできますね。
先生のお話しですと、直射日光をさけると10年くらい(!!)持つそうです。

出来上がりを見て、他のフロアーの方も次回はいつやるの?という声が・・。
次回の企画をお楽しみに・・。

生徒さんの作品です。
ピンクのガーベラをメインに・・黄色のカトレアとカラーも引き立っています。

フロントTの作品です(^^:)
母が赤色が好きなので、赤のガーベラをメインにしてみました。
仏花を教えてくださった マミフラワーの澤沼先生は、
毎月 第3(金)10:30~12:30
シーナ文化教室にて、プリザーブドドライフラワー教室を
開講中です。


0 件のコメント:

コメントを投稿